薄毛の勢いを阻止!プロペシアとミノキシジルの救助活動

正しい頭皮のケア

日本国内で脱毛症の症状を伴うAGAと呼ばれる男性型脱毛症に悩む方は1000万人をこすとも言われ、毎日何かしらの頭皮ケアを行っている方も少なくありません。
実際、多くの方が正しい方法でケアを行っているかは定かではなく、ケアには長い時間と費用を要するものになり、間違った方法によってケアをしてしまうと脱毛の進行を抑えることはできず、症状は悪化していってしまいます。
AGA治療に有効と医学的にも証明され治療に有効とされている成分は現在2種類しかなく、この2種類の成分以外の使用は症状の改善にはつながりません。
その2種類の成分とはフィナステリドとミノキシジルという成分であり、どちらの成分も別の病気の治療の目的で開発され副作用の中に多毛症の症状が見られたため転用され今ではAGAの治療に有効的となって成分になります。
2つの成分を同時に使用することで相乗効果も生まれると言われていて、フィナステリドは根本的な原因の治療にミノキシジルは頭皮を活性化させ頭皮細胞に栄養を補給させ育毛効果を期待できる成分になります。
まずは内服薬であるプロペシアという薬になり、プロペシアとはフィナステリドを有効性分とし世界で初めて医療機関で処方するAGAの治療薬になり、処方せんが必要な薬になり市販では購入することはできません。
根本的な原因と言われているのが悪玉男性ホルモンであるDHTであり、これを作り出してしまう5a還元酵素を阻害することで症状の進行を抑えることができるようになり、半年から一年ほどの服用で発毛効果を実感することが出来るようになり治療には欠かすことができない薬になります。
副作用の中には性欲減退と男性機能の低下が見られることがありますが、服用中は仕方がないことなので気にし過ぎてしまうと心因性のEDになることもあるので注意して下さい。
またミノキシジルは薬局などでも購入できリアップという育毛剤の中に配合されており、頭皮に直接塗布することで頭皮が活発に活動するよう促進し毛髪が成長のための栄養素を補給することができます。
同じように半年から1年ほどの使用で育毛効果を期待できます。
この2種類の成分を使ってAGA治療のために正しい頭皮ケアを行っていきましょう。