プロペシアにはジェネリックがあり、かなり格安で購入できます。そもそもジェネリックはどのような薬かご存知ですか?

プロペシアの通販

AGA治療薬

AGAの基礎知識

体験談

プロペシアジェネリック

先発薬のプロペシアと同じ成分で変わらぬ効果!今話題のジェネリックとは!?

AGAに有効な治療薬のプロペシアですが、病院よりも安くなる通販で購入するとしても、1ヵ月5000円程度と高額な薬になってしまいます。長期的に服用する薬ですので、いくら効果があっても、金額が高ければ服用を続けるのが困難になってしまいます。そこでお勧めなのが、ジェネリックです。

日本でもかなり普及してきましたが、なぜ安いかご存知でしょうか?医薬品には、先発薬とジェネリックの2種類があります。新しい薬が販売されると、その薬は特許で守られ、他の製薬会社は同じ成分の薬を販売する事ができません。薬の開発には億単位の開発費と長い年月がかかります。特許が切れるまでは20年ほどあるので、先発薬を販売した会社はこの間に利益を得ます。そして、特許が切れた後に他の会社から販売されるのがジェネリックです。

ジェネリックという安全性が気になる方が多いかもしれませんが、先発薬と有効成分、用法、効果効能は同じでなければいけないという決まりがあります。薬の色、味、形、添加物は変えてもいいという事になっているので、ジェネリックの方が飲み易く改良されている事もあります。また、国の厳しい審査を通過しなくては販売できない事になっているので、安全性についても保障されています。先発薬とジェネリックは、殆どが同じ薬であると言えます。

他の先進国は日本よりもはるかにジェネリックが普及していますが、日本は製薬会社と医師の癒着など様々な理由により、あまり普及してきませんでした。しかし少子高齢化に伴い、医療費が圧迫されるので、国はジェネリックを今後もっと普及させていく目標を掲げています。

また、インドは薬事法が他国と異なり、発売されたばかりの先発薬のジェネリックも販売されています。インドはジェネリック大国と呼ばれ、世界トップクラスの水準で安全性も確かです。プロペシアのジェネリックのフィンペシアは、1ヵ月分でだいたい1350円と、かなり安くなっています。この価格なら服用を続けられる方も多いのではないでしょうか。ただし、フィンペシアは日本では販売されていません。購入するには通販を利用しましょう。

フィンペシアのご購入はこちら