病院ではAGAはどのような治療になるのでしょうか?最近はプロペシアなどの投薬治療がメインになっています。

AGA治療薬

AGAの基礎知識

体験談

病院でのAGA治療

医学の進歩によりAGAは病院で治療することも可能に。最新の治療法を紹介

病院では、主に下記のような治療法が行われています。

メソセラピー

現在最先端とされています。注射器を使って薬を体内に注入します。高い効果が期待されていますが、医学的にはまだしっかりと証明されていません。効果がなかったという方も多く、非常に個人差があります。また何度も通院する必要があり、金額も30万円前後と高額です。

ハーグ療法

こちらも注射器で薬を注入します。薬に成長因子が含まれています。ただし、病院によって異なりますので、配合されている成分などはよく確認しましょう。また、痛みを伴う場合があります。

自毛植毛

人工的に作られた毛を植えるのではなく、自分のを移植します。まだ生えている部分の毛根を抜いて、薄い部分に植える方法です。抜いた部分も移植しても生えてきます。人工毛に比べてわかりにくいと言われていますが、生え方が不自然に見える場合もあります。また、医師によっては傷跡が残ったり、麻酔が合わないという事もあるので、病院選びが大切になります。かなり高額になり、範囲が広ければ100万円以上になります。

毛髪再生医療

これは現在、研究中の医療です。まず毛球部毛根鞘細胞を採取し、それを培養施設で培養、加工します。それを再び患者さんの脱毛部に移植するというものです。自分の細胞を利用するので、拒絶反応の心配がありません。

投薬治療

上記の治療法は、高額であり、また、失敗や効果がなかった、後遺症などのリスクもあります。一般的に、病院に行くとまずは薬を処方されます。最近多いのは最も効果があるとされているプロペシアミノキシジルを併用した治療です。どちらも効果の高い薬ですが、併用する事でより高く早い効果を見込めます。

プロペシアとミノキシジルの併用の詳細はこちら

ただし、病院に行くとなると、時間がなかったり、人に知られるのが恥ずかしかったりと、行くまでに決心が必要になる事もあります。そんな方には、通販での薬の購入がお勧めです。誰にも知られずにいつでも購入出来ます。また、病院よりも安くなっていて、ジェネリックの取り扱いもあるので、投薬治療で安くしたい方は、通販を利用しましょう。