ミノキシジルには外用薬と内服薬の2種類があります。それぞれ特徴があるので、あっている方を利用しましょう。

プロペシアの通販

AGA治療薬

AGAの基礎知識

体験談

ミノキシジルの種類

あなたはどっち派!?ミノキシジルは外用薬と内服薬の2種類。それぞれの特徴を紹介

AGAに高い効果のあるミノキシジルという成分は、外用薬と内服薬の2種類があります。外用薬は日本ではリアップが有名で、ドラッグストアなどでも購入する事ができます。気軽に購入できるのがメリットですが、医師の処方が必要ないという事は、安全性が高い分、効果もそれほど高くはないという事になります。風邪をひいた際も、市販の風邪薬でも効果がなければ病院で処方してもらう方が多いかと思います。処方してもらった薬は市販の薬よりもはるかに効果があります。

外用薬

国内のリアップはミノキシジルが含有されているのが5%が最も多いものになります。海外では10%のツゲイン、ポラリスNR-10は16%となり、濃度が高くなれば効果も高くなります。進行している方には、濃度の高い外用薬が勧められています。ただし、かぶれやかゆみなどの副作用も高まります。皮膚の弱い方は特に注意が必要になります。まずは濃度の低いものから試してみるのがお勧めです。

内服薬

ミノキシジルの内服薬は、副作用として体全体の毛が濃くなるというものがあります。気になる部分だけ発毛させたいという方は外用薬がお勧めです。内服薬に比べ副作用は少ないので、副作用が気になる方も外用薬がお勧めです。内服薬は、何といっても服用のし易さが魅力です。塗りムラもなく、血液で体の隅々まで効果が届くので、外用薬よりも効果が高いと言われています。また、人目を気にする必要もありません。

どちらもそれぞれ特徴がありますので、ご自分に合っている方を選択しましょう。また、ミノキシジルは濃度の低いものなら女性も利用できるというのが特徴です。最近は薄さに悩む女性も多いようなので、濃度の低いものを試してみましょう。上記のツゲイン、ポラリス、ミノキシジルタブレットは、日本では販売されていません。通販を利用して購入しましょう。ポラリスも病院で処方してもらうよりも安く購入できたり、ジェネリックも販売されているのでお勧めです。